スペシャルケア

2ヶ月から3ヶ月に1回のお手入れ

アンティーク家具は、普段からのお手入れと共に2ヶ月から3ヶ月に1回のペースでスペシャルケアをすることで、より良い状態で使い続けることができます。では、アンティーク家具のスペシャルケアとはどんなものかというと、アンティーク専用のニスを使ってメンテナンスすることです。
シュラック二スというカイガラムシの分泌物から作られた天然のニスは、16世紀からヨーロッパで使用されています。ホームセンターでも売っているので、簡単に手に入れることができます。アンティーク家具のつや出し以外には、チョコレートの表面やグレープフルーツの艶出しや、医薬品や化粧品などに使用されている安全性の高い薬剤です。そのシュラック二スを、アルコールで薄めて使用します。

シュラック二スでのお手入れ方法

ワックスがけの方法は、シュラックニスをアルコールで薄めた後、ハケに取り家具の表面に塗ります。手をゆるめずに、木目にそって一気に直線に塗り切ってしまうのがコツです。家具の表面をすべて塗り終えたら、ニスを乾燥させます。半日ほどで乾くので、乾いたらアンティーク用ワックスを使いさらに磨きをかけましょう。
ワックスも木目にそって塗っていき、最後に乾いた布で乾拭きをして完了です。ワックスは、雑巾やスチールウールなどで塗ると良いでしょう。定期的にスペシャルケアを繰り返すうちに、コーティングが厚くなって家具を保護する効果も高くなります。それほど面倒な作業ではないので、良いコンディションを保つためにもしっかり行うようにしましょう。

© Copyright Antique Furniture Handmade. All Rights Reserved.