日頃のお手入れ

アンティーク家具の手入れに必要な材料とは

近年人気の高まっているものの一つにアンティーク家具があります。アンティーク家具とは、その名の通り数十年から数百年以上前に作られ、実際に使用されていた家具を表す言葉ですが、長い歴史を経ている分その取扱いには細心の注意が必要です。特に、それらの多くは長年かけてワックスで手入れされ、磨き上げられているうちに独特の風合いを醸し出すようになったものであり、それを維持していくためには継続的なメンテナンスが欠かせません。そこで、まずメンテナンスを行うために必要となる材料ですが、一般的にアンティーク家具に多く使われているオーク材の場合には塗料を塗った上にワックスが使われていることが多いことから、その二種類をそろえることがポイントです。

具体的な手入れ方法とは

ではここからは、塗料とワックスを揃えたうえで、いかにアンティーク家具のメンテナンスを行うかについて見ていくことにしましょう。まず、塗料については頻繁に使用する必要はありません。せっかくの風合いを塗りつぶしてしまうおそれがあるためです。塗料を使うのは、もともとの塗りが剥げてしまっているようなケースで、なるべくピンポイントでそこだけを修復するために用いるようにすることがポイントです。次に、ワックスですが、これはなるべく定期的に塗ることが家具を長持ちさせるためには有効です。ワックスを使用する場合には、家具の表面にほこりが溜まっていないかを事前に確認しておくようにしましょう。ほこりの上にワックスをかけると、ほこりを巻き込んで固まってしまう危険性がありますので、なるべくであれば事前にさっと乾拭きをしておくとよいでしょう。

© Copyright Antique Furniture Handmade. All Rights Reserved.